新人研修でビジネスマナーを教えよう【会社の質を向上】

従業員満足度の向上

PC操作

顧客満足度は従業員で変化

事業発展の為に、企業は顧客満足度の追求をしてきました。顧客満足度は一定の業績をもたらしましたが、更なる発展のために企業は取り組むべきことがあります。それはES、従業員満足度の向上です。なぜ企業は従業員満足度を向上させなくてはいけないのでしょうか。それは生産性や品質の向上に欠かせないからです。そもそも、顧客満足度を上げるためには、自社製品の品質向上とブランド力を上げることが必要です。そのためには、それを生産する側のクオリティアップが求められます。クオリティアップには、従業員のモチベーションと能力の向上が関わってくるのです。従業員の満足度が低いのと高いのでは、製品の品質や生産性は大きく異なります。つまり、会社への従業員の満足度がこれからの売上を左右するのです。そしてもうひとつ、近年の労働力の流出問題を防ぐ為にも取り組みは必要です。会社に対しての不満などがあれば、優秀な人材はより自分を評価してくれる組織に転職してしまうでしょう。これは企業にとって重大な問題です。では、これから従業員満足度を向上させるためにはどうすればいいのでしょうか。それにはまず、自社の従業員の意見を調べる必要があります。その調査をES調査といいます。ES調査ではまず、お客様と接する現場の従業員の声を聞き取ることから始まります。つぎに、従業員がやる気を生む環境をその意見からディスカッションし、職場で実践します。さらに、従業員の意見がストレートにトップに伝わる情報の透明性も必要です。そして何より評価制度の充実があげられます。正当な評価がされれば従業員のモチベーションはアップし生産性はあがります。このような調査で社内制度を変革し、社員を研修サポートすることで従業員満足度は良くなります。これからの企業はCS、顧客満足度とES,従業員満足度を共に良くすることが発展につながります。

Copyright© 2018 新人研修でビジネスマナーを教えよう【会社の質を向上】 All Rights Reserved.