新人研修でビジネスマナーを教えよう【会社の質を向上】

新しい人を育てる目

会場

意義や内容を見つめる

会社に新しく入ってくれた人材に対して新入社員研修を行う会社は多いです。新入社員研修をメインに行うような会社もあるほど人気なのは理由があります。まず、新入社員研修を行う理由としては、ビジネスマナーや社会人としての行動を身につけるためです。これは、新入社員研修の最も大きな理由であり、会社として習得して欲しいスキルです。その部分をプロに講義してもらうのはとても有意義です。会社というのは先輩社員のみならず、取引先や顧客との関わり合いが少なからず生じてくるので、常識ある立ち振る舞いがかなりポイントになります。この点ができていないと会社のイメージダウンになるので、研修でしっかりと習得しなくてはいけません。そして、何のために働くのか、この会社で今後どのように成長していきたいのかということを明確にしておく必要があります。企業理念や事業目的などを知り会社自体への理解をしっかりと把握して、自分も社員の一員としてどう行動するべきなのかの自覚を持ってもらいます。そこから、仕事に対しての目標が生まれ、自然とやる気も生まれるので、入社後すぐに退職してしまうというようなことを防げます。研修の内容としては座学と実務があり、最初は座学で会社のことを学び、その後実際に先輩社員に習いながら実務をすることがほとんどです。この意味は早期に即戦力として働いて欲しいからです。実際に業務に係わってみて、感覚を身につけておくというのも研修の重要なポイントです。

Copyright© 2018 新人研修でビジネスマナーを教えよう【会社の質を向上】 All Rights Reserved.