新人研修でビジネスマナーを教えよう【会社の質を向上】

結果を活かすことが大切

パソコン操作

専門のコンサルティング会社に依頼すれば、従業員満足度を調査してもらえます。ES調査を行なうだけでなく、結果の分析や問題点の改善方法を教えてもらえます。ES調査を効率的に行いたい企業は、コンサルティング会社に相談しましょう。

詳しく見る

充実のプログラムを提供

セミナー

新入社員研修を提供している人材育成会社は多く存在しており、ロールプレイングや職種に合わせた専門的なプログラムでしっかりと力を付けてくれます。新入社員研修を行えば大幅な戦力アップが望めるため、是非依頼を考えてみましょう。

詳しく見る

社会人に必要なマナー

スーツの男女

ビジネスマナーは新人社員教育に欠かせないものの一つです。セミナーが実施される場合もありますが、実施されない場合は、個人で身につける必要があります。ビジネスマナーを身につけておけば、社会人として円滑に仕事を進められるでしょう。

詳しく見る

従業員満足度の向上

PC操作

顧客満足度の向上には、企業の従業員が会社に対する満足度を上げる必要があります。そのためには経営側はES調査を実施し、社内の作業環境を改善することが求められます。自社の従業員が満足して働ける環境を作ることは企業の発展につながるのです。

詳しく見る

新しい人を育てる目

会場

新入社員研修を行なっている会社は数多くあります。社内講師が研修を行う場合もありますが、社外講師を呼んで研修を行う場合もあります。費用をかけてでも、研修が人気になっているには、新しい人材を育成したいという強い考えが理由です。

詳しく見る

新卒社員の研修

名刺交換

新入社員研修の一環

景気の回復とともに、有効求人倍率も上昇しています。これに伴って、大学や高校から直接入社してくる新卒社員も増えています。新卒社員は、社会人経験がありませんので、会社は新入社員研修の一環としてビジネスマナーについても研修を実施します。ビジネスマナーは、形も大事ですが、その本質を理解することが大事です。名刺交換や電話応対などは、ビジネスマナーにおける形の典型例ですが、なぜその形によることが必要なのか、その根底に相手に対する敬意や礼儀にあることを理解する必要があります。ビジネスマナーの形は、目上の人や取引先の方に対する敬意を表することについて理に適っています。頭では理解しているつもりでも、実際の場面ではできなかったりすることも多々あります。そこで、実際のビジネスシーンを想定した形式の研修により、習得していくことが必要です。訪問先での立ち居振る舞いや、来客時の対応や電話応対など、より実践的な場面を想定した研修が必要です。研修においては少人数グループによる意見交換を取り入れるといった工夫も必要です。第三者が観察すると、自分ではできたつもりでも、足りない部分を指摘もらえるなどのメリットもあります。あとは、現場に出て、実践を繰り返し、成功や失敗を繰り返し、その都度振り返りを行って、ビジネスマナーの改善につなげていくことになります。その意味では、上司や先輩からのアドバイスを受け入れる素直な態度を持つことが必要です。

Copyright© 2018 新人研修でビジネスマナーを教えよう【会社の質を向上】 All Rights Reserved.